ころりん ころらど

ころりん ころらど
~ラテンアメリカやスペイン語圏の絵本を中心にご紹介します~

パパはたいちょうさん わたしはガイドさん

2023年12月20日

  • タイトル
    パパはたいちょうさん わたしはガイドさん
  • 原題
    Mi Lazarilla, Mi Capitán
  • ゴンサロ・モウレ(Gonzalo Moure)
  • マリア・ヒロン(Maria Giron)
  • 発行年
    2023年
  • 出版社
    PHP研究所
  • その他
    2021年クアトロガトス財団賞
    2022年IBBY オナーリスト

わたしの目は かすかに見えるけれど

パパの目は 見えない。

でもね、パパは だれよりも ずっと、

たくさんの ものを 見てる。

内容紹介(PHP研究所HPより)

 視覚障がいのある娘と父親は通学路をジャングル探検ととらえ、さまざまな想像を膨らませながら楽しく通学しています。行きかう街の車をパンダやジャガーなどの動物と見立てたり、横断歩道を大きな川にかかる橋と想像したり……。信号を待っている間の人混みのざわざわは、オウムたちの鳴き声のようです。

 父親は、少し見える娘のことを「ぼくの ガイドさん」といいます。でも娘にとっては、父親こそが、頼れる「わたしの たいちょうさん」なのです。「わたし」の視点で進むお話は「パパ」への信頼と愛情に溢れ、ふたりの強い絆が感じられます。美しい色彩で、父親と娘の温かな心の交流を描いた優しい気持ちになれる1冊。

 2021年クアトロガトス財団賞受賞、2022年IBBY オナーリストに選出のスペインの翻訳絵本。

PHP研究所さんからの刊行になりました。どうぞよろしくお願いいたします。

TOP