ころりん ころらど

ころりん ころらど
~ラテンアメリカやスペイン語圏の絵本を中心にご紹介します~

UNA LUZ QUE PERDURA(ひかりはたもち)宮沢賢治日西バイリンガル詩選集

2022年9月26日

  • タイトル
    Una luz que perdura(ひかりはたもち)
  • 原題
    Una luz que perdura
  • 作者
    宮沢賢治
  • 共編訳
    ダビッド・カリオン、星野由美
  • 発行年
    2022年
  • 出版社
    Satori Ediciones

宮沢賢治バイリンガル詩選集の出版に寄せて―

2022年10月に、スペインの出版社Satori Edicionesから、宮沢賢治日西バイリンガル詩選集(スペイン語、日本語、ローマ字表記)を、スペインの詩人ダビッド・カリオンさんとの共編訳で刊行させて頂くことになりました。

彼の詩を読めば、だれもがその人の名を思いうかぶに違いありません。宮沢賢治はそんな稀有な詩人のひとりです。彼の詩は繊細な輝きを放ち、日本人の心を打ちます。まばゆいばかりの世界の美しさ、深い精神性、愛する人を失った痛みなど、明滅する真実の時をとらえる誠実かつ純粋な優しい詩。人間と自然への愛の詩。

4年の歳月を経て、ようやくスペイン語版の刊行に至りましたが、未だ道半ば、ますます深まるばかり。日本人が愛してやまない宮沢賢治の魅力をどこまで伝えられるかという葛藤の4年間でもありました。

どうぞよろしくお願いいたします。

Cuando camino por las zonas
más oscuras del bosque,
los pantalones y los codos se me llenan de labios
que tienen la forma de la luna creciente.

はやしのくらいところを
あるいていると
三日月がたのくちびるのあとで
肱やずぼんがいっぱいになる。

(『春と修羅、第一詩集』一本木野 より)

TOP