ころりん ころらど

ころりん ころらど
~ラテンアメリカやスペイン語圏の絵本を中心にご紹介します~

どうしてこわいの?

2022年11月5日

  • タイトル
    どうしてこわいの?
  • 原題
    ¿Por que tenemos miedo?
  • フラン・ピルタデーラ FRAN PIRTADERA
  • アナ・センデル ANA SENDER
  • 発行年
    2023年
  • 出版社
    偕成社
  • その他
    原書:AKIARA Books、スペインの出版社、2022年

ーー いま おこっていることが

  わからなくなって こわくなる、

  そんなときもある。

  おおきな ドアのむこうには

  みらいが まっているはずなのに。

  ドアノブを まわす てに

  ちからが はいらないんだ ーー

どうしてなくの?』につづき 『どうしてこわいの?』が来年のはじめに刊行予定です。

どうぞよろしくお願いいたします。

あらすじ

 かみなりのあと、停電で家の中がまっ暗になりました。

 おとうさんがろうそくに火を灯したとき、マックスはたずねました。

 「おとうさん、こわいとおもったことある?」

 「だれでもこわいっておもうことはあるよ」と、おとうさんは、いくつもの「こわい」について話してくれました。

 知らないことをこわいって感じたり、激しい言葉がつきささっておびえることもある、

 どうしようもなくこわくなったり、自由になるのがこわいこともある、

 かたいからを身につけて、こわくないふりをしている人もいる……

 でも、おとうさんは、最後にマックスに希望を伝えてくれます。

 「こわい」についての分析、解説もあります。「こわい」について改めて考えてみることで、

 「こわい」を受け入れることができるようになるかもしれません。

 同じ著者たちによる『どうして なくの?』があります。(偕成社 内容紹介より)

作者について

フラン・ピンタデーラ

児童文学作家、ストーリーテラー、ソーシャルシアターのプロモーター。教育心理学および社会教育学を学ぶ。作品はアメリカ、カナダ、ドイツ、中国、日本等で翻訳出版されている。作品に『どうしてなくの?』『あの子はぼくらのスーパースター』 がある。ルナ・デ・アイレ児童詩賞、コンポステーラ国際絵本賞、バンコ・デ・リブロ優良図書選定等、受賞歴多数。スペイン在住。

アナ・センデル

1978年、スペインのテラッサに生まれる。バルセロナの美術学校で絵画とイラストレーションを学ぶ。作品に、 絵本「コティングリー妖精」、挿絵に「恐れを知らぬ少女たちのお話―世界からわすれさられた物語」 などがある(いずれも未邦訳)。

TOP