portada en japones

llorar para crecer

guardan en un cofre

原題:¿Por qué lloramos?

仮題:どうして なくの?

文:フラン・ピルタデーラ FRAN PIRTADERA

絵:アナ・センデール ANA SENDER

発行年:2020年  出版社:偕成社

ーーだれでもみんな、なくのです。

子どもから若者、大人そして老人まで

男女かかわらず、おおきい人もちいさい人も

ふとっている人もやせている人も、だれだってみんな、なくのですーー

偕成社さんから、11月に刊行となります。

スペインで出会った絵本です。

 

偕成社(内容紹介より)

ある日マリオは、ずっと考えていたことを思いきっておかあさんにたずねました。「ぼくたち、どうしてなくの?」

おかあさんは、どうしてなくのか、いくつものことを話してくれました。

かなしいとき、おこってなくこともある、じぶんのいるところがわからなくなったとき、だきしめてほしいとき、

おとなになるためになくこともある、何時間さけんでも気がすまなくてなくことも

「なくこと」についてつづられた詩のようなシンプルな言葉のなかには、深い思いがかくれています。

美しく魅力的な絵とのコラボレーションは、読む人にたくさんのことを思いおこさせてくれて、安心感をもらえるかもしれません。なくことはたいせつなこと。おしまいには、「なみだ」についての科学的知識も紹介されています。

 

■ おはなしのいちぶ

マリオは ずっと

かんがえことを していました

おかあさんは じっと

マリオが なにかいいだすのを まっています

そのうち

マリオは やっときこえる

ちいさなこえで いいました

「ぼくたち どうしてなくの?」

 

・・・

 

おとなになるために なくことも あるのよ

ぽたり ぽたり なみだのしずくで

こころが ゆたかになるの

なくのを がまんしたら

いしのように カチカチになってしまう

 

・・・

 

おもいでを たからばこに しまって

かぎをかけてしまうひと いる

でも そのうち

なみだが かぎあなを みつけて

ながれだすの