http://colorin-colorado.info/wp-content/uploads/2019/12/いっぽんのせんとマヌエル-ピックニックのひ-1

http://colorin-colorado.info/wp-content/uploads/2019/12/いっぽんのせんとマヌエル-ピクニックのひ-2

http://colorin-colorado.info/wp-content/uploads/2019/12/いっぽんのせんとマヌエル-ピクニックのひ-3

タイトル:いっぽんのせんとマヌエル ピクニックのひ

文:マリア・ホセ・フェラーダ(María José Ferrada)

絵:パト・メナ(Pato Mena)

発行年:2020年 

出版社:偕成社

チリの作家のマリア・ホセさんが、マヌエルくんと出会ったことから生まれた絵本『いっぽんのせんとマヌエル』の続編が1月に刊行となります。

今回の続編は、日本で独自に制作をしました。お話づくりの段階からマヌエルくんのご家族やセラピストの方にもご協力をいただき、マヌエルくん家族がピクニックへでかける1日を、せんといっしょにピクトグラムをつけて紹介しています。動物や虫や自然とふれあうマヌエルくんの成長はもちろんですが、日本の子どもたちのアイデアもたくさん取り入れています。また、ピクトグラムもバージョンアップ!新しい試みとなっています。

3か国を行き来しながら知恵を出しあい、それぞれの役割の中で愛情たっぷり注ぎ込んでつくりました。

2020年はオリンピックの年です。もしもこの本がピクトグラムを知るきっかけになるとしたら、これほどうれしいことはありません。

だれもがみんなでたのしめるピクトグラムの絵本をめざしています。どうぞよろしくお願いいたします。

■ 内容紹介(偕成社さんHPより)

「前作『いっぽんのせんとマヌエル』はチリの絵本。自閉症の男の子、マヌエルと作者が出会ったことで、生まれた絵本です。線が大好きなマヌエルが、線をたどって学校へいって家に帰るまでを、シンプルな言葉と絵で描きました。文字を読みにくい人たちのために、理解を助けるピクトグラムがついています。続篇となるこの絵本は、日本のオリジナルでの刊行です。外の世界に興味を持ち始めたマヌエルが、家族でピクニックに行って、いろいろな生きものに出会います。1巻目の刊行時に、プロモーションのために来日した作者と画家が、日本の保育園でワークショップをしました。そのときに日本の子どもたちから受けた刺激もあり、生まれた絵本です。ピクトグラム付き。」

・・

詳細は、こちらになります。

・・

■ おはなしのいちぶ

いっぽんのせんは

まちと いなかを つなぐみち。

せんを たどって くるまで いく。

・・・

ついた!

いなかには、どうぶつが いっぱい。

・・・

うさぎが きた。

みみを なでる。

ふわふわ。

・・・

かぜが かおを さわった。

フルルルルル フルルルル。

かぜの おとが きこえる。

・・・

くるまで かえる。

またね、どうぶつたち。

またね、はっぱ。

またね、かぜさん。

・・・