あひるがいるってべんりの画像あひるがいるってべんりの画像

タイトル:あひるがいるってべんり((Tener un pato es u’til))
作・絵:イソル(Isol)

発行年:2007年

出版社:フォンド・デ・クルトゥーラ・エコノミカ社 (Fondo de Cultura Econo’mica)

米国グラフィックアート協会 (Aamerican institute of grafic arts )の50Booksに選ばれ、メキシコのデザイナー評議会(Designrs Council from Mexico) のクォーラム・アワードでシルバー・メンションを受賞。ベネズエラのバンコデリブロ優良図書にも選ばれている。

 

■ 概要

ぼうやは、おふろばで アヒルをみつけました。アヒルがいるってべんり!おうまさんのかわりになるし、ぼうしにもなる! ぼうやからみたアヒルのおはなし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アヒルは、おふろばで ぼうやに みつけてもらいました。ぼうやがいるってべんり!マッサージをしてもらえるし、いいけしきもみせてくれる。アヒルくんからみたぼうやのおはなし。

■ 構成

この絵本は装丁がユニークで、アコーディオン状のおりたたみ式になっています。1冊の本にふたつのお話が存在し、それぞれのお話のイラストはまったく同じなのですが、主人公の視点がそれぞれちがうのです。イエローが主体の【アヒル】の表紙から開くと、「ぼうやから見たオモチャのアヒルとの関係」のお話になっているのですが、もう一方の側のブルーが主体の【ぼうや】の表紙から開くと「アヒルから見たぼうやとの関係」のお話になっているのです。現実から一歩とびだして、同じ世界をちがった目でみる楽しさが分かる作品。ユーモアたっぷりの絵本です。

■ 作者について

イソル(Isol)

1972年、アルゼンチンのブエノスアイレス生まれ。美術教師になるために、ロヘリオ・イルルティア国立技術学校で学び、後にブエノスアイレス大学の芸術課程に進むが、新聞や広告等プレス関係のイラスト、絵本作家、漫画家、文学その他芸術関係の仕事で多忙を極めるようになり、大学を辞めて仕事に専念するようになる。また、絵を描く仕事の他に歌手としても幅広く活躍している。現在、ブエノスアイレス在住。


■ 作者のコメント(「クアトロ・ガトス(Cuatro gatos:4匹の猫)」によるインタビュー記事より)

「これはとても意味のある本になったわ。この絵本について不要なものは一切ないし、納得のいくコンセプトになった。それに、この本が出版されるまで、FCE社との予算やデザインの問題もあって6年という歳月がかかったの。待ちにまった本なの。」

 

 

■ おはなしのいちぶ

アヒルがいるってべんり                                    ぼうやがいるってべんり

1 アヒルくん、みーつっけた。                        1 ぼうやに、みつけてもーらった。

2 おうまさんのかわり。                                 2 せなかを マッサージしてくれる。

3 ぼうしになるよ。                                       3 いいながめだなあ。

4 パイプやふえにもなる。                              4 ちゅーしてもらえる。