おじいちゃん、おはなしして!

タイトル:おじいいちゃん、おはなしして!
原題:Abue, cuentame
出版社:FONDO DE CULTURA ECONOMICA (FCE)
出版年:2013年

作・絵:ロシオ・マルチネス(Rocío Martínez

 

■ あらすじ

おじいちゃんがびょうきになって、ぼくのいえで、いっしょにくらすことになった。ぼくとおじいちゃんは、いっしょにいるけれど、ぼくたちは おたがいにすきなことをしている。ぼくは、ネコやサメのことをおじいちゃんにきいてみる。すると、おじいいちゃんは、しっていることを ぼくにはなしてくれる。ときどき、ことばがみつからなくて、だまってしまうこともあるけれど…。

おじいちゃんは、じっとうごかなくなってしまうこともある。そんなとき、ぼくは おおきなおとをたてて、おじいちゃんをおこすんだ。このままずっと、ねむってしまうんじゃないかって、ぼくは こわくなるときもある。

このあいだ、ぼくのかっているカエルが、とつぜん うごかなくなっちゃたんだ。ぼくはびっくりして、おおきなこえをだした。そうしたら、おじいちゃんが すぐにきてくれたんだ。おじいちゃんは、ぼくのカエルをやさしくなでて、マッサージをしてくれた。それから、おおきなこえをださないほうがいいよって、ぼくにおしえてくれたよ。

ぼくとおじいちゃんは、だいのなかよしになった。ときどき、おじいちゃんはカエルみたいにうごかなくなっちゃうときもある。そんなとき、ぼくは「おじいちゃん、おはなしして!」てはなしかけてるよ。

せかいいち だいすきな ぼくのおじいいちゃん。ぼくもおおきくなったら、おじいちゃんのように、カエルをなおしてあげられるひとになりたい。

■作者について:

ロシオ・マルチネス(Rocío Martínez)

公式サイト http://www.rociomartinez.es

1966年、スペインのマドリッド生まれ。スペイン王立サンフェルナンド高等美術アカデミー(現在マドリードコンプルテンセ大学美術学部)卒業。専門は彫刻。1990年以降、子供向けの本やYA本のイラストを専門的に手がけている。


■ 受賞暦:

1999年 スペインで歴史のある児童文学賞 「ラサリーリョ賞(絵本部門)」次席

『Miguel y las palampalatas』

2001年 「ラサリーリョ賞(絵本部門)」次席

『La gallina Catalina』

2006年 経済文化基金 主催の「ラ オリーリャ デル ビエント賞(絵本部門)」受賞

『De como nació la Memoria de El Bosque』

2009年 カナリア島図書評議会賞

『El de-sastre perfecto』

2010年 バンコ・デ・リブロ優良図書(ベネズエラ)

La historia del Rainbow Warrior


■ 邦訳作品:

『フレッドのあたらしいおともだち』学研ワールドえほん2002年1月号 学習研究社 香山美子訳

『フレッドとアンのたこあげ』学研ワールドえほん 2006年1月号 学習研究社 香山美子訳